債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

多額の借金を抱えてしまい、返済ができなかった場合には債務整理と言う形で、抱えている借金を整理することができます。

 

しかし、債務整理と一言で言っても任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などその方の状況に合わせて適切な債務整理の方法がありますので、自分で判断せずに弁護士や司法書士に相談して実行するのが一般的です。

 

ただし、弁護士と司法書士のどちらに相談すべきかわからないという方もいらっしゃると思います。基本的にどちらに依頼しても相談には応じてくれますが、その先の役割は大きく異なります。

 

司法書士の場合は基本的に債務整理の相談と、その申し立てをするための書類作成を代行してくれます。

 

しかし、その先のことは担当外になりますので、裁判所の面談などは立ち会ってはくれません。

 

しかし、弁護士の場合は相談や書類作成はもちろん、交渉権や訴訟代理権がありますので、裁判所への出向も債権者に変わって代行してくれます。

 

極端な話、弁護士にすべて丸投げするくらいのスタンスで良いのです。

 

申請はできても裁判所の対応がうまくいかなければ債務整理が認められない、という例はたくさんありますので、きちんと債務整理を進めるなら弁護士に任せた方が無難でしょう。