債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

債務整理後のカード使用は不可?

債務整理の直後はクレジットカードを作ることはできなくなります。

 

債務整理は過払い金で借金を完全に返せる場合を除いて、融資元に債務の削減や放棄を求めるものです。

 

悪く言ってしまえば借金の踏み倒しになってしまい、あなたの信用は失われてしまうからです。
金融機関や信販会社が持っているデータは2種類あります。

 

ひとつは自社の顧客情報で、これは自己破産や個人再生など重大な事故情報に限られますが、その代わり抹消されることはありません。

 

もうひとつは業界全体で共有される信用情報機関のデータです。
これは5年から10年という期間が経てば消去されます。クレジットカードの申し込みを受けると、金融機関や信販会社はこの2つの情報をもとに審査をします。

 

ここで過去に債務整理の記録が残っているとかなりの高確率で審査に落ちます。

 

逆に過去に債務整理をしていても、その記録が消えていればクレジットカードの審査には通るということです。

 

これをまとめると、整理した債務をもっていた金融機関や信販会社の審査には以後ほぼ通らなくなる、それ以外の金融機関や信販会社であれば、一定期間後にクレジットカードを作れるようになる、ということになります。

 

ただし、最近は金融機関の系列化も進んでいるので、同じグループの銀行系と消費者金融系は自社情報を共有している場合があります。

 

新たにクレジットカードを作るならば、債務整理をしたところと同じ系列のものは避けたほうがいいかもしれません。

 

>>個人再生デメリットはこちら