債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

債務整理の賢い選び方のポイントまとめ

無料相談をしてみる

 

経験と実績が豊富な事務所に相談する

 

費用と支払い方法をチェックする

 

 

債務整理に種類について|賢い選び方のポイント

 

債務整理には自己破産、個人再生、任意整理、特定調達の4種類があります。
自己破産が1番有名なためか、債務整理=自己破産と考えている方がいらっしゃいますが、それは間違いです。

 

自分の借金の状況にあった債務整理を選択することが借金解決で重要なことなのです。

 

債務整理比較表

 

返済義務 住宅 裁判所 取り立て
任意整理 残る そのまま 通さない 弁護士が介入した時点で止められる
特定調停 残る そのまま 通す(簡易裁判所) 申立後は取立がストップする
個人再生 残る そのまま 通す(地方裁判所) 弁護士が介入した時点で止められる
自己破産 なくなる なくなる可能性 通す(地方裁判所) 弁護士が介入した時点で止められる

 

 

自分にあった債務整理がわからない!そんなお悩みの方にはこれ!!

 

どの手段にすべきかわからない、、、でも弁護士に相談するのはまだちょっと、、、という人におすすめなのが、質問に答えるだけで借金解決のアドバイスをくれる自己破産相談の前にぴったりの匿名・無料の借金解決診断シミュレーターです。

 


>>匿名無料診断シミュレーター

 

まずはコレで自分に合った債務整理方法をチェックしてみるのがおすすめです。

 

借金の大きさで債務整理を選ぶ?

借金を減らせる額によってメリット・デメリットも変化

 

債務整理の方法を選ぶポイントとしては、借金の大きさによって債務整理を選ぶというものがあります。
債務整理は借金が減る額が大きいほど、様々なリスクやデメリットが増えます。

 

まだある程度返済をしていく力があり、借金の額も大きくないならば、よりデメリットの少ない債務整理を選択すべきです。

 

交渉によって金利引き直しや金利分の放棄をしてもらい、元本を返済する手続きが任意整理や特定調停です。
金利分が減額されるため、総支払額が減り、月々の返済も楽になります。

 

借金自体が消えるわけではないため、財産を手放したりする必要もなく、借りたお金を返さなかったという心理的な負担は少なくなります。

 

借金をどうしても返せない

 

借金がとても返しきれない額に膨らんでしまった場合、選択するのが自己破産や個人再生です。

 

このうち、借金の額が5000万円以下で継続的な収入がある方であれば、個人再生の手続きが可能です。
借金が2割に減額されるため、返済が非常に楽になります。

 

ただし、返済する額を超える財産は原則として手放すことになります。
手元に残せる財産は自己破産よりも多くなります。

 

借金の額が5000万円を超えていたり、継続的な収入がない方の場合は、自己破産を選択することになります。

 

借金はゼロになりますが、当面の生活資金としての99万円の現金と20万円までの資産以外はすべて手放さねばなりません。
メリットは大きいですがデメリットも大きい手段だといえます。

 

弁護士に相談するのがためらわれるならば、一度、無料診断シミュレーターを試されてみて下さい

 

借金を解決したいけど、弁護士に相談するのは、もう少し自分で考えてから。そう思っている人は、無料診断シミュレーターを一度利用してみましょう。
いくつかの質問に答えていくと、自分に合った債務整理方法を教えてくれます。

 

弁護士事務所に相談しに行くわけではないので、軽い気持ちで自分にあった債務整理を調べることができます。

 


匿名無料診断シミュレーター