債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

個人再生手続きのメリットは、まず第一に弁護士に依頼することで、他の債務整理と同様にサラ金などの貸金業者からの相次ぐ取立てを食い止めることができ、今後の返済も一時的に停止できます。
そして個人再生は、任意整理で借金を片付けるのは難しいが、自己破産する程ではない一定の収入力のある人が利用できる制度でもあります。

 

個人再生手続きした場合の債務額に関しても、他の債務整理と同じように利息制限法に基づく引き直し計算で債務元本を減額する事は可能であり、任意整理のように貸金業者との対話合意に至らずとも、債務者に常に有利な方法で返済条件を取り付ける事ができます。

 

また個人再生した場合の返済総額は、法定利息で引き直されて減額された債務元本よりも、更に差し引かれた金額になる事が多いです。

 

例えば元々抱えていた債務総額の5分の1~10分の1程度の金額を3年間で弁済するという形になり、利息カットで支払う任意整理するよりも明らかに負担は少なくなるのです。

 

個人再生のメリットは他にもあり、債務額が一部免除になる措置を受けながらも、自己破産のように不動産・高級品・保険などを手放さずに、借金をマイペースに返済できる点です。

 

更に自己破産の場合は、一定限度額以外の現金や預金を手元に残すことは許されていませんが、個人再生であれば、手続きの途中で過払い金が発生しても返還請求を存分に受ける事ができます。

 

しかも個人再生を利用できる人の条件には、定期的な収入力は絶対条件ですが、ギャンブルや浪費による借金でも再生計画案通りに返済が遂行されれば、残額の債務は免責対象になります。

 

このように個人再生手続きは、債務整理の中でも自己破産の次に債務の減額措置の恩恵を受けれる価値ある手段であり、何よりマイホームを残したまま借金整理できるのが特長です。