債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

債務整理をするメリット解説

借金返済にどうしても困った場合、いち早く問題解決できる方法として、思い切って債務整理をしてしまうのが最善の策になります。

 

債務整理に着手した時点で、借金残額を一括で返済する義務がなくなり、債権者からのしつこい取り立てや請求も止まるので、他の家族にも迷惑が掛からなくなります。

 

また多額の借金を背負って心身ともに疲弊した自分自身も、借金苦というストレスから一時的に解放されて楽になります。

 

そして債務整理には自己破産・民事再生・任意整理・特定調停といった4種類の選択肢があり、いずれの方法も必要最小限の生活資金や定職を確保できたまま、残った債務を減額する事が可能です。

 

債務整理をしたからと言って、いきなり仕事を失うリスクもなく、働きながらでもマイペースに減額した借金を弁済する事もできます。

 

ですから、債務整理は自分の生活を一から立て直せる合法な制度であり、多額の借金を作ってしまった自分自身に対して十分に戒める絶好のチャンスでもあります。

 

二度と同じ無茶な借金による失敗を重ねなければ、ブラックリストの個人情報の記録もやがてクリアになります。

 

しかも万一止むを得ない事情で再び借金苦になったとしても、債務整理は何度でもする事が出来ます。

 

但し自己破産は、1回目の免責許可日から7年の空白をあけないと二度目はできないですが、他の方法なら働いた収入で分割返済する措置を取る事もできます。

 

更に債務整理は必ずしも自分1人で全て手続きをする必要がなく、専門家である弁護士や司法書士に依頼すれば、書類作成から裁判所への出頭、債権者との交渉など殆どの手続きを代行してくれます。

 

このように債務整理は、債務者自身が大変な労力を伴う事もなく、簡単に解決できる唯一の手段になるのです。

 

 

任意整理デメリットはこちら