債務整理の費用はどのくらい?<相場は高い?>

債務整理とは<借金を解決するために必要な方法>

近年では借金をして返済不能状態に陥る人たちが増え始めていますが、そう言った人たちを救済するための手段として、債務整理という方法が存在しています。

 

債務整理は借金の整理を行い減額や免除をするシステムで、その種類には複数あり債務者が置かれている経済状況や借金の種類によって選択する方法が変わっていきます。

 

債務整理は大きく分けて任意整理、民事再生、自己破産の三種類があり、そのうち民事再生と任意整理は借金の減額をする方法です。

 

任意整理と民事再生の違いは、任意整理は裁判所を通さずに債務者と債権者の間で取り交わす方法で、基本的に借金の減額は利息の免除までにとどまり、借りた元金そのものは減額されません。

 

しかしこのとき払いすぎた利息がある場合には債務者に返還される場合もあり、元金と帳消しになり以後の借金の返済が免除される場合も存在します。

 

任意整理で注意することは借金の元金そのものが減らないことと、裁判所を通さないために債権者が任意整理に応じる法的な義務が存在しないことです。

 

民事再生は任意整理とは違い裁判所を通して借金そのものを減額してもらう方法のことで、本来返済するべき額の約半分程度にまで借金を減額できるようになります。

 

自己破産は借金の全額免除という大きなメリットがありますが、その分財産の差し押さえや仕事の制限など厳しいデメリットも多数存在するため、最終手段として利用されるケースがほとんどです。